×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

痴呆症の症状

老化によるボケと痴呆症の見分け方

痴呆症の知識をつける前にまず知ってもらいたいことは、老化によるボケと痴呆症はまったく違うということです。痴呆症ではなく老化によって物忘れが激しいくなってきた、新しいことが覚えられなくなってきたなどは個人差はありますが、少なからずどんな人でも起こってきます。一般的に脳の老化は40歳を過ぎたころから始まるといわれています。

 

まず痴呆症でなく老化による記憶力の低下は自分が体験したことの一部を忘れてしまいます。例えば友人に紹介してもらった店の名前が思い出せないなどです。もちろん若い方でもありますが、度合いの違いがあります。これに対して痴呆症の症状はこの友人と話していたことすら忘れてしまいます。つまり忘れたこと自体を忘れているのです。

 

また老化による場合は、忘れやすいということを認識しているのに対し、痴呆症の場合はそういった認識はありません。

 

また、痴呆症の場合は進行することに加え、判断力まで低下していきます。

痴呆症の原因

痴呆症の原因を見つけることは痴呆症の治療方法を見つけることにもつながるため非常に重要だといえます。病気が原因で痴呆症の症状が出ている場合や、病気を治すための薬が原因で痴呆症の症状が出ている場合もあります。こういった場合は病気を治す、あるいは薬を変えることによってすぐに改善する場合があります。

また痴呆症は精神的なものも大きく影響します。引越によって新しい町に移り住んだり、老人ホームに入ったことが原因で痴呆症が発症することもあります。高齢になると、周りに適用する力も衰えてくるので、若い人に比べて、不安が大きいのです。痴呆症を防ぎ少しでも安心させてあげるために慣れ親しんでいる家具をそのまま使ったり、老人ホームの入居前から少しずつなれるようにして、環境の激しい変化を少しでも抑えるような努力が必要です。

 

痴呆症も進行すればするほど治りにくくなるので、痴呆症かもしれないと思ったときはすぐに専門医に相談し、原因を見つけてもいましょう。

痴呆症患者に対して

痴呆症は確かにやっかいな病気です。痴呆症になった本人はもちろん、周りの方も大変な思いをしていると思います。しかし痴呆症は現在の医療で改善したり、症状の進行を遅くしたりすることができます。できるだけ、痴呆症の進行を遅らせたり、症状を改善するためにも痴呆症の早期発見が必要です。痴呆症を歳のせいにし、もう歳だから痴呆症になってもしょうがないと人生が終わったような考えは捨ててもらいたく思っております。そういった考えが痴呆症の発見を遅らせます。痴呆症がボケとは違うという話をしましたが、さらに痴呆症の早期発見方法や痴呆症患者の介護の仕方などを紹介したいとおもいます。たとえ痴呆症という病名がついたとしてもあきらめずに頑張りましょう。

リンク集